PayPay残高があるけれども、現金が必要な状況にお困りですか?

過剰にチャージされたPayPay残高、そして通常は引き出せないPayPayカードやPayPayあと払いも、この記事で説明する方法を使えば現金に変換できるかもしれません。

今回は、PayPay残高の異なる種類ごとに現金に変換する方法と、PayPayマネーライトを現金に変換する方法について詳しく説明します。

適切な手順を守れば、誰でもPayPay残高を現金に変換し、必要なお金を手に入れることができるでしょう。

PayPay残高の種類ごとの現金に変換する方法と所要時間

PayPay残高には4つの主要なタイプがあります:PayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayポイント、PayPayボーナスライトです。

公式には口座から引き出せるのは「PayPayマネー」だけですが、その他の残高も非公式の方法で現金に変換することができます。

この記事では、以下の3つの現金に変換する方法を詳しく説明します。

  1. PayPayマネーを口座から現金に変換する方法
  2. 口座から引き出せないPayPay残高を自己現金に変換する方法
  3. PayPayカードを専門業者を通じて現金に変換する方法

PayPayマネーを口座から現金に変換する方法

PayPayマネーを口座から引き出すことは、PayPayフリマの売上やチャージし過ぎた残高を現金に変換するために役立ちます。

以下に、PayPayマネーを口座から引き出すための条件と具体的な手順を説明します。

PayPayマネーを口座から引き出すための条件

PayPayマネーを口座から引き出すには、事前に「本人確認」と「口座登録」が完了している必要があります。

本人確認が済んでいないアカウントでは、口座登録とPayPayマネーの引き出しはできません。以下の手順に従って手続きを完了してください。

本人確認の手順

PayPayアカウントの本人確認には、マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書のいずれか1つを使用します。

  1. アプリの下部メニューから「アカウント」をタップします。
  2. 画面右上の「詳細」をタップします。
  3. 「本人確認・口座認証」をタップします。
  4. 利用する本人確認書類を選択します。
  5. アプリの指示に従って本人確認を行います。

本人確認の申請は通常、最短で当日から3日程度かかります。

口座登録の手順

登録する銀行口座の通帳やキャッシュカード、暗証番号、ワンタイムパスワードなどを準備して、以下の手順に従って口座登録を行います。

  1. アプリのホーム画面で「銀行口座登録」をタップします。
  2. 画面右上の「詳細」をタップします。
  3. 「本人確認・口座認証」をタップします。
  4. 利用する本人確認書類を選択します。
  5. アプリの指示に従って本人確認を行います。

本人確認が完了していれば、口座登録は最短で2分程度で完了します。

PayPayマネーを口座から引き出す手順

PayPayマネーを口座から引き出す手順は以下の通りです。

  1. アプリの下部メニューから「ウォレット」をタップします。
  2. PayPay残高の項目で「内訳・出金」をタップします。
  3. 出金したい口座を選択します。
  4. 出金する金額を入力し、「出金する」をタップします。
  5. 予定日を確認して完了します。

なお、PayPayマネーの振込完了までにかかる時間は、出金先の銀行口座や申請した時間によって異なります。即日で現金に戻したい場合は、PayPay銀行を検討することをおすすめします。

口座から引き出せないPayPay残高を自己現金に変換する方法

PayPayマネーライト、PayPayポイント、PayPayボーナスライトは、通常の方法では銀行口座に引き出すことができません。

しかし、PayPayのスマートフォン決済で高価な商品を購入し、それを買取業者に売却することで、通常は引き出せないPayPay残高も現金に変換することができます。

また、フリーマーケットアプリやオークションで高い評価を持つ出品者として活動し、商品を売却するスキルがある場合、買取業者よりも高い換金率を得ることも可能です。

ただし、出品手数料や商品の送料などのコスト、商品が売れるまでの時間に注意が必要です。

PayPayを利用して現金を手に入れる方法

PayPayカード(リアルカードまたはバーチャルカード)を活用して、PayPay対応の現金化サービスを通じて現金化する手順について説明します。

現金化サービスは、クレジットカードや後払いアプリなどの現金を必要とする場合に役立つオンラインサービスです。

PayPayカードの審査結果は最短で10分から3日以内に通知され、審査に合格しカードが発行されると、最短で1時間ほどで現金を手に入れることができます。

PayPayカードの取得手順

まだPayPayカードを取得していない場合、まず本人確認を完了させ、以下の手順に従ってリアルカードを発行してください。

バーチャルカードが既に発行されているか、リアルカードを持っている場合、現金化サービスを利用するための手続きを直ちに開始できます。

PayPayカードの取得手順:

  1. アプリのホーム画面から「あと払い」を選択します。
  2. 指示に従って必要事項を入力します。
  3. 審査(最短10分から3日)が合格すると、バーチャルカードが自動的に発行されます。

PayPayカードの取得には手数料や年会費はかかりませんが、審査に不合格となると約6ヶ月間は再申し込みできないことにご注意ください。

PayPay対応の現金化サービスを利用する

ここでは、PayPay対応の現金化サービスを利用して現金化する手順を見ていきましょう。

PayPay対応の現金化サービスの利用手順:

  1. 現金化サービスのウェブサイトから申し込みます。
  2. サービス提供者からの連絡で申し込み内容を確認します。
  3. サービス提供者指定の商品をPayPayカードを使って購入します。
  4. 商品の買取および現金振込みが行われます。

現金化サービスを通じてPayPayを現金に換える場合、所要時間は最短で10分から即日で、換金率は一般的に70%から80%が目安です。

スムーズな手続きを行うために、以下の情報を準備しておくことがおすすめです:「写真つき本人確認書類」、「顔写真の自撮り画像」、「振込先口座情報」。

信頼性の高い優良店を選ぶ

PayPayカードを利用して現金化できることをご紹介しましたが、知識のない現金化サービス提供者を選ぶことに不安を感じる方もいるかもしれません。

実際には、信頼性の高いPayPay現金化の優良店を選ぶことで、不利な条件やトラブルの心配をする必要はありません。

優良店は換金率を下げません

優良店は現金化時に手数料や振込手数料を一切請求せず、提示された換金率に基づいて支払います。

ユーザーは提示された換金率に納得した場合のみ取引を進め、納得できなければ取引を拒否することができます。

特に「換金率保証あり」の優良店は、換金率70%から80%が保証された状態で現金化を行うことができます。

優良店は「トラブル0件」の実績があります

現金化サービスを利用する際に、個人情報が漏れたり、PayPayアカウントが停止される心配がある方は、「トラブル0件」の優良店を選択しましょう。

「トラブル0件」の優良店は、過去にユーザーの個人情報や信用情報が外部に漏れたトラブルが一度も発生しておらず、クレジットカードや後払いアプリの利用停止もありません。したがって、提供した個人情報は強力なセキュリティで保護されています。

どなたでも安心して利用できるため、安心感を持ってご利用いただけます。

優良店はユーザーから高評価を受けています

初めて現金化サービスを利用する際に不安を感じる方が、優良店を選ぶことで、高い換金率やスピード、スタッフの対応に満足することが多いです。

優良店はユーザーの満足度向上を図るため、常にサービス品質を向上させており、ユーザーの評価が高いです。

優良店の客観的な評価は、ユーザーの口コミが参考になりますので、業者選びの際に活用してみてください。

まとめ:優良店を選ぶとPayPay現金化がスムーズ

口座からの出金ができないPayPayマネーライトも、PayPayで商品を購入し、それを転売することで現金化が可能です。

また、PayPayカードを所有している場合、この記事で紹介した信頼性の高い優良店を利用すれば、安定した換金率の70%から80%で現金化でき、最短で10分から即日に現金を手に入れることができます。

PayPay現金化の手続きが難しいと感じる場合、ぜひ信頼性の高い優良店を検討してみてください。